FC2ブログ

信じて、聞かせていただく ~ヨーガ・カウンセリング2~

引き続き、ヨーガ・カウンセリングについてです。

前回は「共感」する聞き方をご紹介しました。
今回ご紹介するのは、それを上回る上手な聞き方である「傾聴」です。

さてヨーガ・カウンセリングは、通常ヨーガ療法士が相手と話をすることを指しますが
アーサナの指導などもまた、ヨーガ・カウンセリングとなり得ます。

具体的には、呼吸に合わせてアーサナ(体操)を行い、その反応を観察して頂きます。
するとどうなるか。 以前お話した五蔵説と照らし合わせますと、

◎肉体次元では、緊張と弛緩のアンバランスを回復させます。
◎呼吸次元では、自律神経のアンバランスをととのえます。
 また普段は気づかないレベルの右鼻、左鼻の呼吸が調整され、
 細胞中の炭素と水素に結びついた酸素は細胞が行う新陳代謝を促進します。
◎心理的次元では、内観(=心を外に向かせないこと)が、心の働きを鎮静へ向かわせます。

体が元気になり、呼吸がととのい、心がゆっくり静かになることで
客観的に自分と向き合う姿勢が深められていきます。
そこから語られる本人の言葉は、本人が自身の声に気づかされる言葉になっていきます。

カウンセラーは目の前の人を信頼し、その中の普遍なる存在を信じて
語られる言葉を、ただ聞かせて頂きます。
(カウンセラーは、まず相手の症状をよく知ることを一番に行います。
特に精神疾患の方には、できる限り専門家と相談しながら指導します。)

最後にシュリ・ラーマクリシュナの愛弟子スワミ・アドブターナンダの教えを。

「月のない夜には、どんなに近くに立っていても
   ひとりの人がもうひとりの人に気づくことができない
 これと同じように、迷いに暗くおおわれているせいで、
人は自分の最も内奥の自己をみることができないのだ」

スポンサーサイト
プロフィール

愛岐ヨーガ

Author:愛岐ヨーガ
愛知、岐阜でヨーガ療法(ヨーガ・セラピー)の
活動を行っています。
お問合せは、お気軽にどうぞ。
aigiyoga@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR