FC2ブログ

不安・苦手の特効薬

先週末の大学入試センター試験を皮切りに
いよいよ受験シーズンも本番を迎えました。
受験生ご本人や、そのご家族の不安や緊張も
ピークを迎えているのではないでしょうか。

日本ヨーガ療法学会の顧問である
熊野 宏昭先生(早稲田大学人間科学学術院教授・応用脳科学研究所長)が
先日NHKの番組「ためしてガッテン」に出演して
不安や緊張と上手につき合うワザを紹介されていました。

頭の中や胸の内に湧き出てくる心配事を客観視する、というものです。

具体例を挙げましょう。
受験会場で問題が配られる前、苦手な分野の問題が出たら嫌だなと不安に思い
ガチガチになってしまうことは、よくあります。
緊張が過度になれば、パニックになってできる問題もできなくなってしまいます。
そんな時、
「苦手な問題が出たら嫌だな」と考えた
と頭の中の心配事を客観視してみます。
これが熊野先生が伝授する不安と上手につき合うワザです。

ポイントは
頭の中の心配事は、現実の出来事ではない
ということです。

心配事に「と考えた」をつけることで、現実と妄想とを切り離していきます。

このワザは医療の現場で実際に行われている治療法の一つだそうですが、
<客観視>はヨーガ療法の基本的技法でもあります。

「子どもの頃に犬に追いかけられて以来、犬が苦手になった」といった
苦手意識の克服にも「と考えた」のワザが有効であると
同じNHKの番組「名作ホスピタル」で熊野先生がお話されていました。

とても簡単なワザなのですぐ実践できそうですし、
習慣になれば、毎日がリラックスしていくだろうと思いました。


スポンサーサイト
プロフィール

愛岐ヨーガ

Author:愛岐ヨーガ
愛知、岐阜でヨーガ療法(ヨーガ・セラピー)の
活動を行っています。
お問合せは、お気軽にどうぞ。
aigiyoga@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR