FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨーガ療法ワークショップのご案内

来る8月26日(日)、名古屋・ウィルあいちにて
ヨーガ療法士の鎌田稔先生を講師に迎え
ヨーガ療法のワークショップを開催いたします。

鎌田先生ご自身からの詳しい内容を、以下掲載いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不安感や抑うつ感へのヨーガ療法からのアプローチ
~マインドフルネスの併用~

日常生活上、不安感と抑うつ感はごく一般的に体験される感情です。
健康な人たちは、これらネガティブな感情も一過性のものであり、
社会生活に影響はさほど出るものではありません。
これら感情状態が長期にわたり続き、社会生活に影響が生じるように
なった場合、不安障害や抑うつ障害となります。
最近では、脳科学が発展し、これらの感情状態にある脳の状態が
かなり明確に理解され、それに対する薬物療法も大きな発展を遂げています。
他方、そのような大脳生理学的に感情領域の扁桃体をコントロールする
前頭前野背外側部と、判断に関係する背内側部が瞑想によって活性化される
ということもわかってきています。
心理的には、不安感は未来への思考から、抑うつ感は過去への思考から
作り出されているといえ、「今 ここ」にある現実とは異なる幻想、
すなわち迷妄(マーヤ)の中で、暴走する思考によって作り出されています。
また、認知の歪みや偏りによって、未来や過去への執着や結果へのこだわりによって、
不安や抑うつを増大させ、同時に苦を作り出します。

この度のワークショップでは、第3世代の認知行動療法である、
マインドフルネスを併用しつつ、ヨーガが示してくれている身体的、精神的、
社会的、スピリチュアルな面での自己制御の智慧を学び、活かし、
日常における自己制御を深めていくことを目的とします。
 
まず、不安感や抑うつ感の大脳生理学的、心理学的な発生原理について
理解していきます。そして、これら感情は迷妄マーヤから自らが作り出している
ことを理解し、苦も己の執着から作り出していることを理解していきます。
その後、アーサナ(体操)、プラーナヤーマ(呼吸法)、そしてプラティヤハーラ
(感情のコントロール)によって、肉体次元、生気次元、感情感覚次元での
自己制御を進め、さらには、全てはうつろいでいく無常なる現象であり、
実は未来も過去も自身の中での迷妄であり幻であることを実体験します。
 
次に、マインドフルネス、つまり「今 ここ」の現実を実体験し、
これから進んでいく道をはっきりと見据えて、現実を生きていく勇気を自身で
作りあげていく実習を行っていきたいと計画をしています。
                   
鎌田 稔 (黒川内科)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<講師略歴>
1958年生まれ
1994年博士(学術)号取得。臨床心理士 精神保健福祉士 
日本心身医学会近畿地区代議員 
日本ヨーガ療法学会認定ヨ-ガ療法士会大阪副幹事長。 
現在、クリニック内にて、ヨーガ療法を指導され、
日本心身医学会、日本心療内科学会、日本統合医療学会などで
ヨーガ療法の発表を行われています。


<日 時> 2012年 8月26日(日)  10:00~16:30

<会 場> ウイルあいち 大会議室  〒461-0016 名古屋市東区上竪杉町1番地
      TEL:052-962-2511  (地下鉄・市役所駅より徒歩7分)

<会 費> 4000円  (当日 受付にてお納めください)

<持ち物>  昼食、ヨーガマット

<お申込み方法>
参加ご希望の方は、氏名・住所・連絡先(TEL、FAX、E-mail)を明記の上
㈳日本ヨーガ療法学会愛岐療法士会事務局まで、
E-mailまたはFAXにてお申し込み下さい。

 ◎E-mailの場合:aigiyoga@gmail.com
 ◎FAXの場合:0572 68-9049

8月18日(土)必着です。

どなたでもお申込いただけます。
ヨーガ療法を身近に体験できるまたとない機会になるかと思いますので
みなさん、ぜひご参加くださいませ!

スポンサーサイト
プロフィール

愛岐ヨーガ

Author:愛岐ヨーガ
愛知、岐阜でヨーガ療法(ヨーガ・セラピー)の
活動を行っています。
お問合せは、お気軽にどうぞ。
aigiyoga@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。