FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会中止のお知らせ

タマーラさん講演会について中止とする旨、ヨーガ療法学会より
連絡がありましたので、お知らせいたします。

***
(以下、ヨーガ療法学会のHPより)

■「ウクライナ・タマーラさん講演会中止」と
「ご返金お願いについて」お知らせです

昨年よりタマーラさんの講演会を企画し皆様にご案内申し上げて参りましたが、
ウクライナの政情不安を鑑みタマーラさんとも相談いたしました結果、
来年5月に予定している日本ヨーガ療法学会の際に、
訪日講演を企画することに決定いたしました。

タマーラさんはお元気ですが、今回の政情不安を強く心配されており、
今後の状況を見守りながら、来年の計画を考えて行きたいとのお話でした。
皆様には多くのご支援のお気持ちを頂きましたが、今後共タマーラさんを
ご支援戴くようお願い致します。

計画の大幅な変更に伴い、実施日程や講演開催場所も変わりますので、お申込みをされ,
すでに参加費をお支払いいただいた方々には早急に返金させていただきます。
直接事務局にお振り込み頂いた方々には事務局から返金させていただきますが、
現在事務局が送金頂いた口座を確認しておりますが、銀行から口座番号を
お教え頂けない場合がございますので、下記連絡先までメールにてご連絡お願い致します。

・口座銀行名・支店名・口座番号をご連絡戴きますようお願い致します。
●連絡先    :日本ヨーガニケタン東京支部(鈴木宛)
 メールアドレス:suzuki@yoganiketan.jp
 電話番号   :042-792-3511

●「参加費」を寄付とさせていただけます場合は、その旨、お手数ですがお伝え下さい。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
また今回頂きました募金につきましては、ウクライナにおけるタマーラさんの
ヨーガ普及活動に使わせていただきます。
暖かい、ご支援、ご協力いただきましてありがとうございました。


***
(過去の記事)

3月27日に名古屋でのキエフのタマーラさん講演会をご案内しておりましたが、
現在、現地での政情不安につき、講演会を延期する旨、ヨーガ療法学会より
連絡がありましたので、お知らせいたします。

***

(以下、ヨーガ療法学会のHPより)

「チェルノブイリ原発事故と移住、そしてその後」講演会延期のお知らせ

(慈善団体 チェルノブイリ被災者・ゼムリャキ代表タマーラさん)講演会を
延期させていただきます。

ウクライナ国内の政情不安につき、講演会を延期させていただきました。
今後の講演会の予定につきましては、HPにてご連絡させていただきます。
皆様方の暖かい、ご支援、ご協力いただきまして、誠に有難うございました。
引き続き、ご支援賜りますようよろしくお願い申し上げます。

***

慈善団体「チェルノブイリ障害者・ゼムリャキ」代表の
タマーラ・クラシツカヤ女史の講演会が名古屋でも開催されますので
ご案内申し上げます。


***

ウクライナの首都キエフにあります慈善団体「チェルノブイリ障害者・ゼムリャキ(同郷人の意味)」
代表のタマーラ・クラシツカヤ女史が来日されるにあたり、日本全国7か所において
講演会を開催いたします。

東日本大震災の福島原発事故被災者に対するヨーガ療法指導は、
事故発生から2年半が経過した現在でも継続して行われています。
また、事故後の処理も一部では復興に向けて進んでおりますが、
まだまだ復興と呼ぶには道のりは遠く、原発事故による後遺症、先々の不安で、
心が折れかけておられる方も多いのが現状です。

同じように、今から27年前に旧ソビエト連邦のチェルノブイリ原子力事故により被災した方々が、
お互いに協力しあい支援しようと立ち上がったのが、チェルノブイリ障害者・ゼムリャキであり、
その代表がタマーラ・クラシツカヤ女史です。

女史は原子力技術者たちが住んでいたプリペアチ市で文芸団体のまとめ役だったそうですが、
ご自身も被災されながら、現在も各地で被災された方々の支援に
日夜ご尽力なさっておられます。
先日もイギリスのBBC放送に呼ばれてインタビューを受けたそうです。

福島原発の事故にあっては、日本からキエフに聞き取りに来た日本人たちに
多くの助言を行い(福島民友新聞掲載)、昨年は外務省関連の財団の招きで来日されています。

また、2008年からは、チェルノブイリで被災された方々に対する、(社)日本ヨーガ療法学会の
亀井勉医師(長崎大学)はじめ、木村宏輝医師(東邦大学)等の
健康回復関連の医学研究に協力下さり、その結果としてヨーガ療法が
被災された方々に発がん予防の効果をもたらすことが解明されています。

この講演会は、福島原発事故被災者の避難生活からの復興に向けての道筋と
ヨーガ療法の効果と果たす役割について、御自身被爆者であられるタマーラ女史と
一緒に考えるよい機会になると思います。
本講演会は福島原発事故被災者支援とチェルノブイリ被災事故被災者支援にも
なっております。皆様方には、協力頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

●ご支援のお願い
支援金 1口 2,000円以上で、ご協力お願い申し上げます。
(2,000円以上でしたら、金額はいくらでも自由です)

今回の講演会の収益は一部を「支援金協力費」として、キエフ市立第9小児科病院での
中古の胃内視鏡を支援するための資金として使わせていただきます。
価格は300万円いたします。

現在、同病院で使用している胃内視鏡は、20年数前のもので、
大人が飲むような太い管の内視鏡を使用しているため、
3歳児のような子供はとても飲み込むことができません。

同様に、福島原発の被災者の方々の支援資金としても、使わせていただきます。
どうぞ、皆様の暖かいご支援、ご協力、お願い申し上げます。

なお、ご協力くださった方々には、御礼の気持ちとして、ゼムリャキから送っていただきました
日本版カレンダーを進呈させていただきます。
支援金は入場料に代えさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。


☆名古屋以外の講演会案内や、講演会に御参加されない方で
支援金のご協力をして頂ける方は、ヨーガ療法学会のHPより、
「タマーラ・クラシツカヤ女史(慈善団体 チェルノブイリ被災者・ゼムリャキ代表)講演会開催決定
詳しくはこちら」をクリックしてご覧ください。


***

タマーラ・クラシツカヤ女史名古屋講演会のおしらせ

1)日時  平成26年3月27日(木) 午前9:30~12:00
2)会場  ウイルあいち(大会議室) 250席
      〒461-0016
      名古屋市東区上堅杉町1  ℡052-962-251
3)支援金(入場料)  1口2000円  当日支払い
4)参加申し込み  3月15日締め切り  
5)申し込み先  ・E-mail aigiyoga@gmail.com (愛岐ヨーガ療法士会)
          ・・・・・・・・・・ 申 込 書・・・・・・・・・・・

タマーラ・クラシツカヤ女史(慈善団体 チェルノブイリ障害者・ゼムリャキ代表)
講 演 会 参 加 申 込 書
住 所 :
氏 名 :
電 話 :     

御参加いただける方は、申込書以下をコピー、ご記入いただき、
愛岐ヨーガ療法士会まで E-mail でお申込み下さい。
スポンサーサイト
プロフィール

愛岐ヨーガ

Author:愛岐ヨーガ
愛知、岐阜でヨーガ療法(ヨーガ・セラピー)の
活動を行っています。
お問合せは、お気軽にどうぞ。
aigiyoga@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。