FC2ブログ

ホリスティック・ヘルスとヨーガ療法2

前回ご紹介した「五つの鞘」、イメージはつかめたでしょうか。

なかなか分かりづらいかと思いますので
図とともに、イメージしてみてください。

五つの鞘

人の形をした歓喜鞘に覆われているのが、
私たち人間の一番大切なもの、人間の本質といえるものです。

さて、ここからが今回の本題です。
五つの鞘、各次元での不調和とその解決法をご紹介します。

1)肉体次元
ストレスなどで筋肉が長く緊張状態にあると、内臓などの生理的機能に不調和が生じます。
そこで、
アーサナ(体位、体操)を行い、筋肉繊維の伸縮でそのバランスをとり、
筋肉の緊張やストレスを、リラックス法(IRT・QRT・DRT)で解きほぐします。
こうして肉体次元のストレスが解放されると、
体内のあらゆる臓器や器官が深い休息状態に入り、
さらには免疫機能がストレス過多の状態よりも、速やかに回復します。
力強く全体が機能するようになります。

2)呼吸次元
*呼吸の仕組み
肉体の全細胞が酸素を受け取り、酸化作用から生じた二酸化炭素を運び出せるのは、呼吸の働きです。
細胞中の炭素と水素に結びついた酸素は、各々の細胞が行う新陳代謝を促進します。
そこで生じる廃棄物を炭酸ガスと水で排出します。
したがって、
適切な呼吸ができていない時、肉体を組織する細胞の新陳代謝が停滞した状態となります。

*呼吸作用
 ・左右の鼻腔を均等に使う呼吸法で生じる深いリラクゼーションは、
  精神状態と体内エネルギーのバランスをよくします。
 ・特にがん患者に対して驚くほどの癒し効果が生じます。
   右鼻・・・左脳を刺激。太陽、燃える性質、男性的エネルギー、肉体が活発。
   左鼻・・・右脳を刺激。月、冷やす性質、女性的エネルギー、働きの鎮静。

*呼吸法の実践
呼吸をゆっくり、スムーズに行うことで、
過度の不安感を引き起こす神経の過敏反応を減らし、免疫の働きを強めます。 
 ・スカ調気法(アヌロマヴィロマ) 呼気と吸気のバランスを調えます。
 ・ナーディーシュッディ調気法   左右の鼻腔を均等に使います。
 ・ブラーマリー調気法       呼吸をより深く意識化します。


次回は、心理的不調和とその解決法をご紹介します。
スポンサーサイト
プロフィール

愛岐ヨーガ

Author:愛岐ヨーガ
愛知、岐阜でヨーガ療法(ヨーガ・セラピー)の
活動を行っています。
お問合せは、お気軽にどうぞ。
aigiyoga@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR